タグ:事故

今までにあった最大の修羅場 £36
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1332169485/

58:名無しさん@HOME:2012/03/20(火) 19:24:41.65 ID:O
長くなるけど聞いてほしい

私の年離れた兄は
小学生の頃事故で亡くなった。
今ニュースでやってるような、
上から鉄骨が落ちてくるとかいう
事故で亡くなった。
(特定避けたいので詳しくは話せないです)

私は兄の記憶も殆ど無いくらい幼くて、
正直当時の事も全然覚えてないんです。
だから気が付いたら家庭は荒れてた。
一見、普通そうな家庭(いろんな人に言われた)なのに内面はボロッボロ

私は兄のこと知らないのに、少しでも何か失敗すると
「お兄ちゃんなら絶対そんな失敗しない!」
「お兄ちゃんが生きてればよかったのに」

知らない人と比べられるのって辛いね

私はお兄ちゃん知らないからどうすればいいかなんてわからないし、
お兄ちゃんの事は聞きにくいし…
母親はそういうスイッチが入ると泣きながら大暴れだし
父親はそんな母をスルー
めちゃくちゃでした


この記事の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £40
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1336289615/

91:1/2:2012/05/08(火) 00:07:02.29 ID:0
大学二年の春休みにバイクで国道を走っていたら、対向車線に右折待ちで止まっていた 
軽自動車が最悪のタイミングで右折してきた。 

いわゆる右直事故って奴で、こちらは急ブレーキかけたせいで後輪がロックして横転、 
そのまま道路を滑って軽自動車の左横に激突した。 

車とバイクに挟まれなかったが、ぶつかった衝撃がかなりのもので強く背中を打って 
息が止まった。背中を打って息が止まるというのはそれまで体験したことがあったが、 
今回のはちょっと我慢したくらいじゃ回復しない、というか息を吸いたくても吸えなかった。

自分でも正直「このまま息ができなければ死ぬ」と思っていたが、どうやっても激痛で 
吸えない。なんか、もう苦しくて苦しくて体をビクビク動かすしかなかったんだが、 
その最中にふと自分を見下ろしているのが事故相手の運転者。 

自分と同じくらいの年齢の女性で同乗者と一緒に車から出てきたらしい。 
他にも近くのガソリンスタンドの兄ちゃんとかが自分を見下ろしていた。 

見てないで早く救急車を呼んでくれ!と言いたいが息ができない状態なので当然喋る 
こともできない。苦しいのでひたすらもがいていると、スタンドの兄ちゃんが 

「あ、痙攣してる。もうアカンな」 

と一言。運転者は同乗者と泣き崩れるし、兄ちゃんは倒れたバイクを起こしに向こうに 
行ってしまう。自分はまだ生きているのに、こんな他人の判断ミスで死ぬのかと思った 
のが修羅場。


この記事の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £40
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1336289615/

106:名無しさん@HOME:2012/05/08(火) 05:18:38.46 ID:0
この流れで思い出した事故。 

バイクが電柱にぶつかってバイク大破。 
ライダーが道路に転がってて痛みにうめいてた。 
誰かが呼んだ救急車が来てライダーをストレッチャーに載せて 
車内に積み込まれる直前にやじ馬の中から 

「喜べ!電柱は無事やぞ!」と声が。 

その瞬間、ライダーが「よかった…」と心底ほっとした声出してた。 
電柱の安否が気なって心の中が修羅場だったんだろうなw



この記事の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £39
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1335548791/

945:名無しさん@HOME:2012/05/06(日) 15:33:10.43 ID:0
息子が青信号を自転車で渡っていたら、支払い済みのタクシーにぶつけられて転倒した。 
横断歩道を信号が青になってから先に私、
その後少し遅れて息子が渡ったので完全にタクシー運転手側の過失。 

慌てて引き返して倒れてる息子を抱えあげて脳内修羅場。 
周りで見ていた通行人・ドライバーなどがタクシー運転手に 
(そいつ、最初「ぼく、だいじょうぶだよねぇ?」とヘラヘラ笑ってたらしい) 
「お前!どこ見て運転してるんだ!何だその態度は!!」と詰め寄ってくれてた。

パニクってる自分は蚊帳の外で、警察呼んでくれ、タクシー運転手が悪いと説明してくれました。 
息子は肘と膝をすりむいていて、びっくりして泣いていたが頭は?と聞くと「よくわからない・・」と。 
普通に歩けるみたいだから「大丈夫みたいです。明日(もう夕方だったので)病院行きます」と言うと 
「こういう場合は必ず!救急車呼んで夜間救急行くんです!」と警察と周りの人に怒られました。 

結果、何ともありませんでしたが・・パニクってたのか冷静だったのか?
事故に遭遇するの初めてだったし。 
ちょっと思い出して書き込んでみました。


この記事の続きを読む

【セコキチママ】発見!キチガイママ その22【泥キチママ】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1331039839/
444:名無しの心子知らず:2012/03/20(火) 00:09:14.09 ID:Tpq6X7r8
子ども乗せて保育園まで法定速度以下で送る途中、
道路左側の小児科の駐車場から
バックですごい勢いでキチ車が出てきた。
こちらはクラクション鳴らしつつ
急ブレーキしたが間に合わず、こちらが安全確認しながら反対車線まではみ出して
衝突回避して停車した。
私の車がクラクション鳴らしたまま完全停車しているのにも関わらず
キチ車はバック走行を止めなかった。私の車体左後部側面にめり込んできた。
警察呼んで、私は一旦保育園に子どもを送ったり遅刻連絡を職場に入れたり。
車から出てきたのは推定2ヶ月未満の小さな赤ちゃんを抱いたママ。
私は「ああ、このママ赤ちゃんの世話と看病(小児科から出てきたことから推測)で
疲れ果ててるんだな。ここは穏便に済ませよう。」と思った。
しかしキチママはとんでも理論だった。
キチ「私はバックで後ろが見えなかった。よく見えていたそちらが車を止めて当然。
車の修理代と赤ちゃんとと私の治療費出せ。」
と言い張った。
そして「赤ちゃんが寒がっているけどあの人(私)怖い。
あの人は外で事情聴取させろ。私は屋内で。」
と警官に頼んだ。
そのせいで、目撃証言からも私の過失は0だと分かっているのに、北風がびゅーびゅー吹く
外で私だけ事情聴取された。


この記事の続きを読む

奥様が墓場まで持っていく黒い過去 【黒の27】
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1342401183/
469:可愛い奥様:2012/07/28(土) 15:06:21.03 ID:JVYi9Eby0
結婚して3年目。
当時の上司が渋くてモロタイプ。向こうもまんざらでもない感じ。
ある日、上司の車で出張した帰りにキスされて完全に「どうにでもして」モード。
忘れもしない、ホテル手前の交差点で赤信号。
あーん、一目につかないようにサラッと駐車場に入りたかった、などと思ってたらドッカーン!
わき見運転の四輪駆動車の思いっきり追突された。
キーン!と頭の中に大きな音がした感じがして、気がついたら救急車に載せられるところ。

病院に駆け込んできた旦那の心配そうな顔を見たとたん涙がでた。
もちろん、旦那はホテルに入るところだったなんて知るよしもない。
しばらく軽い後遺症が残って痺れとかでたけど、
旦那が優しくしてくれて、後遺症の辛さよりも良心の呵責に苛まれる毎日だった。

それ以来20年ちょっと。旦那には操を立てているよ。


この記事の続きを読む

【セコキチママ】発見!キチガイママ その22【泥キチママ】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1331039839/
362:名無しの心子知らず:2012/03/19(月) 10:48:32.36 ID:MMR9pqCP
妹が事故にあったときの事。
田舎の大通りと林道の交差点で、
見通しはいいとは言えなかった。
大通りの方を走っていた妹の車の後部に林道から出てきた相手が

一時停止無視スピード違反で思いっきりノーブレーキで突っ込んできて、
妹の車は横転しながら大通り横の田んぼに転落。
相手の車はスピンして、猛スピードで逃走しかけるも逆走。
200mほど先のカーブで前から来た車と正面衝突して止まったらしい。
(田んぼで作業中の爺婆数人が目撃者で救急よんでくれたのもこの人達)
妹は妊婦、娘を保育園に、旦那を駅に送る途中だった。
幸い命は助かったけど、妹は首と肩の骨折って後遺症残る重症。
お腹の子は無事。娘は両足の骨、旦那は腕と肋骨を折ってそれぞれ入院になってしまった。


この記事の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £36
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1332169485/

597:名無しさん@HOME:2012/03/26(月) 01:09:59.29 ID:0
以前の職場での修羅場なら何度かあった。

幹線道路に面しているのだが、
駐車場に入ろうとして、アクセルとブレーキを
踏み間違える事故が3回あった。
1回目は壁に激突。けが人なし。

2回目
頑丈な鉄の門柱に激突。
この時は、自転車に乗った子供が歩道を走っていた。
たまたま近くにいた、うちの職場のパートのおばちゃん(子持ち)が咄嗟に飛び出し、
子供を突き飛ばした。
激突音に驚いて私たちが飛び出すと、
子供とおばちゃんが倒れていて、
「大丈夫!大丈夫!」というおばちゃんの声だけが響いていた。
運転手(おじいちゃん)もボーゼン。

全員救急車で運ばれたが、
おばちゃんも子供も擦り傷だけ。
しかし門柱は歪み、
子供が乗っていた自転車は原型をとどめていなかった。

子供の両親がやってきてクシャグシャの自転車と状況を聞いて、おばちゃんに
「ありがとうございました。」と泣きながら何度もお礼言ってた。
おばちゃんは念のため入院したけど、翌日には元気に退院した。


この記事の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £44
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1338973818/
758:名無しさん@HOME:2012/07/02(月) 16:02:23.21 ID:0
豚切り。 

上のを読んでて思い出した修羅場。 
バイト先から夕方車で帰ってくるとき、前方の歩道に何だか不自然にジャンプしながら 
歩いてる人を見つけた。 
何となく妙な胸騒ぎがしてスピードを落とした直後、前の車が左折してとある会社の敷 
地内に入ろうとしたところに、その人が自ら突っ込んで行ってはね飛ばされるのを見て 
しまった。 
人間って、あんなに飛ばされるもんなんだね。 
本当に、蹴られたボールみたいにポーン!と宙を飛んでって驚いた。

びっくりして、目撃しただけなのに自分が震えてハンドル持つ手ががくがくしたよ。 
すぐに会社や通行人が集まってきたし、細い道だからよけられなくてそのまま帰ってき 
たけど、後日目撃者を捜してますの看板がかかってたから、勇気を出して警察に連絡し 
て、被害者が自ら車にぶつかってきたと証言してあげた。 

やはり、被害者は知的にちょっと障害があるかたで、保護者がいろいろ騒いで大変だったらしい。 
第三者の私が証言したことで、ドライバーの人は罪は一番軽い位ですむだろうと言われて、他人 
事ながらほっとした。 
ぶつけちゃった方のほうが、もっと修羅場ではあったろうな~。 
でも、警察の人は、ご協力ありがとうございますと低姿勢でいい人だったのが救い。


この記事の続きを読む

非常識な親を語るスレッドPart70
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1113974742/
303:名無しの心子知らず:2005/05/26(木) 11:56:53 ID:yNBRj10Y
息子(3歳)の遊び仲間が事故で入院した。 
大型スーパーの広い駐車場で走り回っていて、車の間から飛び出した 
ところをぶつかって転倒。 
車は徐行していたからゴチンってくらいなんだけど、倒れて手をついたか 
して片腕骨折。 
正直なところ、子どもはかわいそうだけどものすごいモニョったよ……。 

私は車の乗り降りとか、自転車の乗り降りのとき、荷物があったりすると 
どうしても子どもの手を掴んでいられない瞬間があるから、そのときだけ 
子供に背負わせてるリュックにつなげるリードつけてるの。

うちの近所は車が多い道路もあるし、子どもには言い聞かせてるけど 
何か気をひかれるとバッと走り出すときがあるし。 

そのケガした子のママには、
「子どもに綱つけて犬じゃあるまいしかわいそう!」 
とプゲラされてたされてんだよね……。 
車から降ろすときにリードつけたら、「あら、これから息子くんのお散歩?息子くん、 
ワンっていってごらん、ワンワン!www」
って言われたことも……。 

さらにその事故のときは、母親が荷物積んでる間に父親と子どもで追いかけっこ 
してたらしい。(当の母親が「父子で楽しく遊んでたら車が突っ込んできた」と 
吹聴してた) 
なんだかなー……ってかんじ。


この記事の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £40
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1336289615/

137:名無しさん@HOME:2012/05/08(火) 19:39:03.70 ID:0
バイクはぶつけられたらOUTだからなー 

自分は一昨年、車で信号待ちしてたら追突されて半年通院してたんだけど 
やっと良くなってバイクに乗ってたら、側面衝突されて吹っ飛ばされて 
肋骨数本骨折、腕の骨にヒビ、ムチ打ち、腰痛の再発と散々ですよ。 
いまだに通院しています。 

鎮痛剤のせいで胃潰瘍と腸炎にもなるし、この2年の間に親は死ぬわ 
伯父と伯母が死ぬわ、犬も死ぬわ、友人も死ぬわ、大恩のある恩人も死ぬわ、金魚も死ぬわ 
えらいこっちゃです。さっぱりわやですわ。


この記事の続きを読む

【セコキチママ】発見!キチガイママ その13【泥キチママ】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/baby/1306489159/

328:名無しの心子知らず:2011/06/10(金) 13:50:08.63 ID:1axqY47D
5年くらい前の話
自転車に乗ってスーパーに買い物をしにいった
帰り道に信号を渡っていると、ウインカーを点けずに左折してきた車に結構な勢いで撥ねられた
そのまま吹っ飛んで、地面に叩きつけられた
地面に叩き付けられたのと、車にぶつかられたのでめちゃくちゃ痛い
痛みで悶絶していると、車を運転していた人が「大丈夫ですか!?」と降りてきた
よく見ると、人は近所のAさん(中学生の息子がいる)あちらが私だと分かると、
「あら~○○さん(私)じゃないの!ごめんなさいね~。私急いでるから、また後でね~」
と言って、車に乗って行ってしまった。
痛みで文句の一つも言えなかったが、一部始終を目撃していた人が轢き逃げとして通報
病院へ行ったら、右足の骨と左側の肋骨2本を骨折していると言われ、そのまま入院
その後、Aさんは警察に捕まり塀の中へ
Aさんの両親と旦那から、治療費+αを貰った
顔見知りとはいえ、さすがに無いわと思った出来事だった


この記事の続きを読む

奥様が墓場まで持っていく黒い過去 【黒の27】
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1342401183/
149:可愛い奥様:2012/07/20(金) 20:33:44.00 ID:hsmZIZvDO
以前、自◯目的のオジサンが飛び出して来て轢いちゃって
オジサン死んだけど、書類送検だけで無罪になったよ。


この記事の続きを読む

奥様が墓場まで持っていく黒い過去 【黒の27】
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1342401183/
46:可愛い奥様:2012/07/17(火) 11:01:23.16 ID:ETJvK0P60
淵で人が亡くなってしまったがスルーした。
死因はアルコールを飲んで川に入ったための心臓麻痺。
犬友達の奥さんと散歩中に、胸を押さえて固まっている男性を見たけど、恐そうなデブだったし
面倒くさいので、声を掛けずにそのまま放置。

夏の淵 底の貴方は知らぬ人 浮かぶ気泡を見ず済まし(水澄まし)と2人で詠んで帰宅した。
皆さん、水の事故には気を付けてね。
海猿の人ならともかく、一般人には溺れてる大人を救助なんかできません。



この記事の続きを読む

今までにあった最大の修羅場 £37
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1333156752/

368:名無しさん@HOME:2012/04/05(木) 15:41:59.73 ID:O
数年前、里帰り出産のため実家に帰っていた姉を妊婦検診に連れて行った帰り道、
交差点で信号待ちのため停車していたら後ろの車が突っ込んできた。
即座に警察呼んで事情聴取の最中、姉が精神的ショックと激しい胎動で
立っていられなくなり、警察も私も7ヶ月の妊婦の体を気遣って大慌て。

幸い車は後ろが凹んだのと、微妙に上下のつなぎ目がずれたくらいで
自走できたので、警察の人の許可を貰って先にその場を去って
ついさっき検診を受けたばかりの産婦人科へ姉を運び込んだ。

姉も赤ちゃんも無事だが、大事をとってその日1日だけ入院。
病院から帰って保険会社に連絡し、こちらは停車していたので
過失はなく10:0になるだろう、とのことで相手の保険会社からの連絡待ちになった。
ところが連絡がいつになっても来ない。
半月待っても来ないので、これはおかしいということで
私が事情聴取のときに控えていた事故相手の連絡先に保険会社が連絡してくれた。
そうしたら「こちらの車は傷ついてないし怪我人も誰もいないと聞いている。
保険会社に連絡するつもりはないのでそちらの車はそちらの保険でやって欲しい」


この言い分に初孫楽しみな父母ブチ切れ。
正直ウザイ、と思うくらい姉ラブな義兄もブチ切れ。
初めての自分の車を傷付けられた私もブチ切れ。
こちらの保険会社の人が「相手の保険会社の名前は聞きましたから
ちょっと話してみます」と言ってくれた。

翌日、相手保険会社の人がわざわざこちらの家に頭下げに来た。
担当者の人は何も悪くないってのは分かっててもどうしても空気は
悪くなるし全員ピリピリするし、その数日後には相手が
「保険使うのヤッパヤダ」ってまたゴネ出すし、過失割合の説明にとうとう
警察にまた出てきてもらう羽目になるし、あの事故は本当に修羅場だった。

それにしてもうちの車はしっかり凹んだのに、相手の車は本当に傷一つなかった。
ベンツってすげえ、と改めて思った。



この記事の続きを読む

このページのトップヘ